前へ
次へ

生前前に骨董品買取で処分を

後々考えれば、生前前に骨董品は、骨董品買取で処分を行うのが無難です。なぜならば、価値ある骨董品は、相続税の対象になり、相続税が支払われなくなってしまう可能性もあるためです。骨董品の価値は、国が指定した専門家の判断によって価値が決められます。ただし、必ず、その価値で骨董品買取をしてもらえるとは限りません。骨董品買取で、骨董品を処分し、お金に変えて優雅に暮らす方がお勧めです。そもそも、骨董品は、あの世に持っていくことも出来ないものであり、後の方が処分に困ってしまうでしょう。購入した時点で、たとえ安くても、後に価値があると判断されれば相続税の対象になってしまいます。骨董品を集めている人の中には、投機目的で集めている人もいるはずです。自分が旅立った後、後世に対して、好きな様に処分しても良いと思われている人もいるかもしれません。骨董品は、相続した時点で相続税がかかり、売却した時も所得税が発生します。売却したとしても、税金が支払えない可能性もあり、早めに骨董品買取の利用が無難です。

Page Top